plum(プラム)は太パパに出会えるギャラ飲みアプリって本当?!

パパ活

plum(プラム)はギャラ飲みアプリの1つで、東京、大阪、京都、神戸、福岡が対応エリアとなっています。

多くのギャラ飲みアプリは運営会社による審査が厳しく、面談まで必要なところがあります。
しかしplum(プラム)は面談による審査はありません。
そのため、他のギャラ飲みアプリの審査に落ちた人でも気軽にギャラ飲みを始めることができるアプリです。

写真による審査はありますが、合格率は高いのでそれほど構える必要はありません。
対応エリアでギャラ飲みを始めようと考えている女の子がいるなら、plum(プラム)がオススメです。

plum(プラム)がどういったギャラ飲みアプリなのか、口コミの評判はどうなのか、安全に使えるのかなど、偏らずに詳細に内容を見てみましょう。

plum(プラム)でギャラ飲みを始めようと考えている女性は参考にしてください。

plum(プラム)ってどんなアプリ?

plum(プラム)は特定のアプリでのやり取りではなく、LINEまたはTwitterを使ってギャラ飲みに参加するので、新しくアプリをインストールする必要はありませんが、逆にLINEかTwitterは必須です。

LINEを使うとなると色んな男性とやり取りをLINEでしなきゃダメなの?と不安になるかもしれませんが、plum(プラム)では男性と直接メッセージのやり取りをすることは無く、運営を通しての連絡が送られてくるだけなので安心してください。

ギャラ飲みで女性が面倒だと感じるのが男性とメッセージをやり取りすることだという意見も多数ありますが、plum(プラム)はそんな手間はかかりません。

plum(プラム)の審査合格率は高い

plum(プラム)は面談による審査はありませんが、写真審査はあります。
ただ形だけの審査となっており、殆んどの女性が写真審査に通過すると考えて良いでしょう。

ただし審査に送る画像は加工したものや有名人の画像はNGです。
加工していたり他人の画像だと判明した場合は、写真審査に通過しない可能性が高いでしょう。
仮に加工写真で審査に通過しても、ギャラ飲み対象になりにくいというデメリットがありますので、写真は加工しないほうが良いでしょう。

plum(プラム)に向いている、オススメな女性

plum(プラム)でギャラ飲みをするのにオススメの女性は、次のような特徴に当てはまる人です。

・対象エリアでも都市部の飲み会にすぐ行ける

plum(プラム)の対象エリアは東京、大阪、京都、神戸、福岡です。
中でも東京、大阪でかつ都市部でギャラ飲みの募集が掛かりやすくなっています。

そのため、東京、大阪の近辺に住んでいて、ギャラ飲みする都市部にすぐに駆け付けられることがポイントとなります。

なお、京都、神戸、福岡でもギャラ飲み募集はありますが、東京、大阪に比べると数は少なく場所も限定的です。

ただし安心してください。
コロナ禍の現在ではオンラインによるギャラ飲みも行っていますので、場所を選ばず参加する人ができます。
オンラインの場合は報酬が時給1500円と通常報酬の4400円より低くなりますが、自宅にいながらギャラ飲みに参加する人ができます。
問題としてはオンライン飲み会に女性を呼びたがる男性は少ない傾向にあるという点です。

・LINEまたはTwitterのチェックを小まめにできる人

plum(プラム)は運営からの連絡は全てLINEまたはTwitterで行われるので、誰よりも早く募集に反応することが求められます。

募集があっても応募しなければ、すぐに締め切られてしまいギャラ飲みに参加できません。
ですから、ギャラ飲みの募集が掛かりやすい夕方~夜にかけて、LINEやTwitterを小まめにチェックできる人はplum(プラム)に向いていると言えます。

逆に繁忙時間にLINE、Twitterのいずれかを確認できない人はplum(プラム)でギャラ飲みに参加するのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

・お酒を飲むのが好き、飲み会の雰囲気が好きという人

ギャラ飲みに参加するなら、お酒を飲むのが好きだったりその場の雰囲気が好きな人でなければ難しいです。

お酒は飲めない、飲み会の雰囲気は好きじゃないという人は向いてないでしょう。
そういう意味では、ギャラ飲み初心者の方でもplum(プラム)は敷居が低く、気軽に始められるギャラ飲みと言えるでしょう。

plum(プラム)の特徴とは?

plum(プラム)は運営の全てが自動化されています。
女性にはポイントが付与され、そのポイントが高いほど男性側の検索上位に表示されますので、オファーを受けやすくなります。
では具体的にどのような特徴があるのか見てみましょう。

女性の方が男性よりも競争率が高い

plum(プラム)はギャラ飲みアプリやパパ活アプリの中では珍しく、男性よりも女性のほうが登録者数は多くなっています。

そのため必然的にギャラ飲みへの応募も競争率が高くなります。
できる限り男性の目に留まりやすくなるよう、プロフィールを充実させておくべきです。
また写真については加工することなく、あるがままの自分をどれだけアピールできるかが重要です。
写真は複数登録できますので、出来るだけたくさん登録してアピールしましょう。

新規会員は上位表示されやすい

新規登録した女性は男性会員からの評価がありません。
評価がないと上位表示されないデメリットがありますので、新規会員はそのデメリットを回避するために最初から高いポイントが付与されているようです。

新規会員として扱われている間は、オファーを受けられるチャンスとなりますので、そのメリットを無駄にしないようにしましょう。
なお、ギャラ飲みのオファーを受けているのに3回連続で断るとポイントがマイナスになりますので注意しましょう。

plum(プラム)で太パパに出会うためのコツ

太パパに出会うためのコツは、何と言っても男性からの評価ポイントを稼ぐことです。
太パパの目に留まるためには上位表示されなければ難しいですから、ギャラ飲みに参加しながらポイントを獲得していきましょう。

何度もオファーをくれるようになれば、太パパが付いたことになりますので、指名料などを含めて定期的に高収入を得ることができるようになります。
ちなみに指名案件では、指名料として通常の報酬に加えて1000円がもらえます。

plum(プラム)は基本的にギャラ飲みを紹介するだけのシステムですから、飲み会の席で個人的な連絡先を交換することは可能です。

太パパと連絡先を交換すれば個人的に会うことができ、報酬についても交渉可能となるでしょう。
ただしシステム外で個人同士がやり取りする場合のリスクは、plum(プラム)が責任を取ってくれません。

トラブルに巻き込まれても、自己責任となる点には注意しましょう。
これはplum(プラム)だけでなくすべてのギャラ飲みアプリ、パパ活アプリに共通して言えることです。

もらえる報酬は業界でもトップクラス

plum(プラム)でもらえる報酬はギャラ飲み業界でもトップクラスに高いと言えます。
最高自給は6200円を超えており、2時間の飲み会に参加すれば1万2千円以上稼ぐ計算になります。
太パパをゲットすることができれば、普通のアルバイトでは手にできないほどの高収入に繋げることができます。

plum(プラム)の使い方

plum(プラム)はLINEとTwitterの両方を使って活動します。
既に紹介している通り、公式LINEを友達追加し公式Twitterをフォローするところから始まります。

LINEを友達追加すれば、自動メッセージが送られてくるので地域を選びましょう。
東京の女性、大阪の女性、東京・大阪以外の方の3つです。
あとはマイページで写真とプロフィールを登録し、審査を受けましょう。
大半の人は審査をパスしますので安心してください。
プロフィールには年齢、職業、身長、体形、性格、血液型など記入できる部分はできるだけ記入してください。

これらを行ってから実際にギャラ飲みに参加することになります。
それではギャラ飲みの流れについて見てみましょう。

ギャラ飲みが行われるまでの流れ

登録完了後は毎日のように当日案件の情報がLINEで流れてきます。
参加できるかどうかを確認する「ゆる募集」が配信されてきたら、「参加希望」と返信しましょう。
「指名案件」の場合はその旨が記載されていますので、積極的に参加しましょう。

なお、2名以上の募集であれば、友達と参加することもできます。
貴女と友達双方から対象の案件に対してLINEで「○○「登録者名」さんと一緒に参加希望」と返すだけです。

応募した案件に通過した場合、飲み会の場所、時間などの詳細情報が送られてきます。
時間を守って待ち合わせ場所に向かいましょう。
この時、男性と合流した時間をしっかりとメモしておいてください、飲み会終了後に報告する必要があります。

飲み会が終了したら、男性と合流した時間、男性と解散した時間を報告します。
時間については男性側も報告するルールになっているので、報酬をたくさんもらおうと嘘の報告をしてもバレます。
報告は相手側の代表者である幹事と同時報告するのがトラブル回避となります。

plum(プラム)に関するQ&A

plum(プラム)を安心、安全に利用するため、よくある質問についてまとめました。
利用する上での参考としてください。

終了時刻は自分で決めることができるの?

ギャラ飲みに参加する場合、帰宅までの時間を考慮するのは当然です。
終電がなくなってしまってはタクシーの利用など貴女自身が困ってしまいます。

そういった問題を回避するために終了時刻を指定することができます。
これは応募する際に、希望の終了時刻を運営側に送るだけですから、自分で相手と交渉しなくても大丈夫です。

安全性はどうやって守っているの?

plum(プラム)では様々な規則が定められています。
例えば「鍵のかかる個室の利用はNG」といった女性側の安全を守る規則です。

plum(プラム)では過去に事故や事件などのトラブルは起こっていません。
それだけ安全に運営されていますが、もし襲われたり体の関係を強要されたりした場合は、躊躇なく警察などに連絡しましょう。
すぐに帰宅手段が取れる場合は帰宅してください。
安全な状態になってから、運営に連絡を入れる、警察に通報する、など身を守る行動をとってください。

ちょっとでも不安に感じることがあれば、トイレに行く振りをして店を出て運営に連絡するなど、自分の安全を最優先に行動しましょう。

実際に現場でどのようなことが行われているかをリアルタイムに運営側が把握するのはどんなギャラ飲みアプリでも不可能です。
最終的に自分を守るのは自分だという認識を持ちましょう。

2軒目以降に誘われた場合はどうすればいいの?

ギャラ飲みに参加した場合、2軒目以降に誘われることもあるでしょう。
その誘いに行くか行かないかは自由です、相手とパイプを作りたいと考える場合は参加したほうが良いでしょう。

好みじゃなかったり、時間が遅くて眠い、終電がなくなるのは嫌だなど様々な理由で参加したくない場合は、その旨を伝えてください。
誘いを断ったからと言ってマイナス評価されることはありません。

なお、2軒目以降に参加する場合は、移動時間を含めて相手と一緒にいる時間は全て報酬の発生対象となります。
1軒目が終わった段階での「終了報告」ではなく、最終的に相手と別れたタイミングが「終了時刻」という認識を持ちましょう。

個人的な情報の交換は問題ないの?

既に紹介した通りplum(プラム)はギャラ飲みを仲介サービスですから、個人間でどのような情報交換があっても関与しません。

そのため個人情報のやり取りは原則として自由です。
しかし連絡先などを教えることによるトラブルに関して、plum(プラム)は一切責任を負いませんので自己責任で行いましょう。

plum(プラム)を利用する人の中にはパパ活に繋げたい人もいるはずです。
太パパ、神パパをゲットしようと思えば、最終的には個人間の情報交換は避けられないと言ってもいいでしょう。
その場合、リスクとメリットを考慮して慎重に判断しましょう。

終電がなくなった場合のタクシー代はどうなるの?

終了時刻が終電後になった場合、タクシーで帰宅することになります。
その場合、最大で1万円まで運営より支払われます。

相手側にタクシー代を直接貰えれば解決しますが、言いにくい場合もあるでしょう。
その場合は、自分で代金を立て替えておいて運営側に領収書画像をLINEで送りましょう。
そうすれば、運営側がチェックした上でタクシー代が入金されます。

タクシーを使わなければ帰宅できない時間であったことは運営側でチェックされますし、領収書の日付や金額、場所なども含めて間違いがないか確認が入ります。

プラムからの報酬は必ず振り込まれるの?

振込先が間違っていなければ必ず振り込まれます。
報酬は月曜日が締め日で、翌々週の金曜日に振り込まれます。
ギャラ飲みに参加したらどれだけの時間報酬が発生したのか、自分でまとめておきましょう。
想定報酬額と振込額に差がある場合は、運営側にLINEで連絡しましょう。
もし1円も振り込まれない場合は、振込先の口座情報に誤りがある可能性が高いので、これも確認しましょう。

plum(プラム)の口コミ評判は?

plum(プラム)についての口コミをまとめてみました。
良い口コミ、悪い口コミの双方がありますので、紹介したいと思います。

悪い口コミは以下のようなものがあります。
・全体案件をゲットしにくい
・LINEを見逃したら応募すらできない…
・自分が上位表示されている確認できない

良い口コミは以下のようなものがあります。
・全体案件より指名案件が美味しい!
・1週間分の予定入力ができるから調整しやすい
・太パパがついてくれた!

口コミからも分かるように全体案件は競争率が激しいようです。
プロフィールや写真を充実させることで、全体案件だけでなく指名案件をいかに増やすことができるかが鍵となりそうですね。

plum(プラム)のまとめ

plum(プラム)について出来るだけの情報を集めてみましたが、どうでしょうか?
LINEを使ってのやり取りになるので、他のアプリとは異質に感じるかもしれませんね。
このあたりは慣れの問題と言えなくもなさそうです。

太パパを見つけられるかどうかは、指名案件をどのぐらいゲットできるかにかかっているように見えます。
個人情報のやり取りはリスクが伴いますので、太パパになるかも?という相手を見つけた場合はできるだけ指名をたくさんもらって信頼関係を築くといいでしょう。

最初からいきなり個人情報を教えるのはリスクが高いと言えそうですが、plum(プラム)そのものは非常に優良なギャラ飲みサービスではないでしょうか。

これから先、ギャラ飲み、パパ活を始めようとしている女性の参考になれば幸いです。

コメント