ヤクルトレディは個人事業主なの?パートとはどう違う?【税金計算も】

ヤクルトレディ

ヤクルトレディを検討しているけれども、パートとは違うと聞いて心配…個人事業主って何?パートとは具体的に何が違うの?といったことについて解説します。

【経験者に聞く】ヤクルトレディとは?仕事内容・求人情報まとめ
ヤクルトレディについてこのページではまとめていきます。求人情報、お給料、面接時の服装、託児所情報をご紹介
この記事の監修
みーなです。母親がヤクルトレディをしていました。
この記事ではそんな母親のヤクルトレディの経験をもとに「ヤクルトレディと個人事業主」についてまとめます♪

ヤクルトレディはパートとは違うの?

子供がまだ小さくてヤクルトレディを検討しているママさんは多いと思います。
ヤクルトレディについて調べていると「ヤクルトレディーはパートではなくて個人事業主だ」という書き込みを目にすることがあります。
個人事業主?パートじゃないの?何が違うの?ということについて説明をしていきます。

ヤクルトレディはパートではなく個人事業主という扱い

まず先にヤクルトレディーは噂の通りパートタイムではなく個人事業主となります。ヤクルトレディはパートではありません。
ヤクルト本社はヤクルトレディのことを外交員と呼んでいて個人事業主として契約しています。
個人事業主にあたるので時給制ではなく歩合制になります。

ヤクルトレディは個人事業主でありパートではありません。ただし研修期間中と最初の3ヶ月だけは保証期間と設定されており給料は保証されています。

ヤクルトレディの給料に関して気になるという方は


こちらのページを確認してください。

中には給料制のレディもいる

しかし中には給料制で働いているヤクルトレディもいます。
給料制で働くことになるのか個人事業主として働くことになるのかは地域や営業所(センター)によっても異なることが多いです。

極端に人手不足だったり何か特別な理由があるなどする場合はパートやアルバイトのように給料制で働ける場合もあるようです。
しかしこれはほぼ例外的な事例となり、ほとんどの場合はヤクルトレディは個人事業主として働くことになります。

最近はヤクルトレディの正社員化も話題に

そして最近では、新型コロナウイルスの影響もあり配達の人員が足りていないことから一部のヤクルトレディについては正社員化しようとする動きがヤクルト本社でもあるようです。

正社員としてより安定した待遇を用意することでより良い人材をつなぎとめておきたい考えのようです。

パートと個人事業主の給料の違い

パートタイムで働くことと個人事業主で働くことの最も大きな違いは給料の計算方法になります。

ざっくり言うとパートタイムの場合は働いた時間(時給)でお給料が決まるのに対し個人事業主は売上(自分が販売したヤクルト関連の商品の売り上げ)のパーセンテージで収入が決まります。

以下に簡単に説明してみます。

パートは時間給で働くことができる

パートタイムのお給料についてはほとんどの方が想像できるとおりです。
パートタイムの場合は時給に対して働いた時間がかけられ場合によっては源泉徴収を引かれた金額が給料となります。

時給900円で3時間、週に4日働くパートタイムの場合は下記のとおりです。
(時給)900円 × 3時間 × 4日 × 4週 = (お給料)43200円

ヤクルトレディの場合は売上で給料が決まる

ヤクルトレディ(個人事業主)の場合は自身が販売した商品の売り上げかけるパーセンテージで報酬が決まります。
ヤクルトレディーの場合はおおよそ1商品あたり20%から25%ほどが報酬として計算されることになっています。(細かな%は商品によって変わります)

月に25万円、マージン20%の商品を売るヤクルトレディの場合は下記のとおり。
(月の売上)25万円 ×(マージン)20% =(報酬)50000円

個人事業主の場合、税金計算が変わるって本当?

個人事業主とパートタイムでは税金の計算方法も少し変化があります。

みーな
ヤクルトレディーの場合は個人事業主にあたるのでパートタイムよりも少しだけ税金が優遇される場合があります。

個人事業主の場合はパートよりも税金が有利になる面も

あまり知られていないことですが、年収計算でおおよそ165万円以下までは実はパートタイムよりも個人事業主のほうが税金面で有利な場合があります。
これは、パートタイムの場合は給料全体に所得税がかかるのに対して、ヤクルトレディの場合は個人事業主特有の精度である「青色申告制度」というものがあるからです。
またヤクルトレディの場合は、家内労働の特例という制度を利用することができさらに65万円の控除を受けることができます。
これだけで最大130万円まで所得税を心配せずにお仕事をすることができます。

⇒青色申告制度とは?
青色申告制度とは、個人事業主向けの税金制度になっています。確定申告の方法には青色と白色の2通りが用意されており、青色にて確定申告をすることで、最大65万円まで控除を受けることができます。
計算例
①パートタイムで年収165万円を稼いだ場合の課税所得額(収入)165万円 - (所得控除)38万円 = (課税対象)127万円②個人事業主で年間165万を稼いだ時の課税所得額(収入)165万円 - (所得控除)38万円 - (青色申告)65万円 - (家内労働の特例)65万円 = (課税対象)0万円

上記のようにパートタイムと個人事業主では課税の対象となる金額が大きく異なってくることがあります。

扶養に入りながらヤクルトレディをしている人が多い

ヤクルトレディの場合、上記の条件をまとめると、最大160万円までは不要内で働くことができます。

青色申告の基礎控除65万円家内労働者特例の65万円最大130万円の控除を受けると課税対象は30万円となり、扶養から外れずに働くことができます

これにより配偶者の方の社会保険を意識しつつ配偶者の勤務先の健康保険組合の扶養条件を満たすことができます。

ヤクルトレディの確定申告はどうやってやるの?

ヤクルトレディの場合、面倒な確定申告は会社のほうで代行してくれるケースが多いようです。
青色確定申告となると帳簿を付ける必要があるなど、控除を受けるにあたって何かと面倒な作業が発生するイメージがありますが、その点は会社が代行して行ってくれるので安心といえます。

みーな
確定申告って面倒くさそう…そんなイメージがありますが、会社が代行してくれるなら安心ですね♪

個人事業主として働くメリットとデメリットは?

個人事業主と言うとなかなか聞きなれない働き方になると思います。個人事業主として働くメリットとデメリットについても簡単にまとめてみます。

働くメリット

  • 頑張れば頑張るだけすぐに給料に反映される
  • 税金面で多少優遇される部分がある
  • 雇われではないのである程度の自由がある

働くデメリット

  • 給料は保証されていないので自分で頑張る必要がある
  • ガソリン代などは自分で負担する必要がある
  • 新規開拓などやりたくない仕事も自己責任でやらないといけないこともある

詳しくは各センターに確認をするのがオススメ

ヤクルトレディーは各センターのマネージャーの考え方によって職場環境や仕事の進め方など大きく異なることがあります。
採用基準や実際に働く時の仕事の進め方などもセンターやマネージャーによって大きく異なることがあるようなので気になる方はヤクルトレディとして働く前に各センターにあらかじめ確認をしておくことをお勧めしたいです。

中には給料制のレディもいるので念のためセンターに確認

何か特別な事情があり、給料制でヤクルトレディーを採用しているセンターも少なからずあるようです。

ほとんどの場合は個人事業主として働くことになりますがどうしても理由がありパートで働きたいという人は念のため質問をしてみるのも良いでしょう。

最も研修期間中と最初の3ヶ月間だけは給料の保証があるのでその間に個人事業主として働けそうか自分なりに考えてみるというのも良いかもしれません。

【経験者に聞く】ヤクルトレディとは?仕事内容・求人情報まとめ
ヤクルトレディについてこのページではまとめていきます。求人情報、お給料、面接時の服装、託児所情報をご紹介

 

コメント